近畿地方 道の駅体験記 HOME > 兵庫県の道の駅 > 道の駅 但馬のまほろば:1日いても楽しめる道の駅

道の駅 但馬のまほろば
1日いても楽しめる道の駅

このエントリーをはてなブックマークに追加
道の駅「但馬のまほろば」名物そば

道の駅「但馬のまほろば」名物そば

道の駅「但馬のまほろば」岩津ねぎスープ

道の駅「但馬のまほろば」岩津ねぎスープ

但馬エリアには本当に道の駅が多く、至近距離にたくさん、まさに隣接しているという感じがします。このエリアだけで車で5~10分走ればありますから、道の駅スタンプを集めるのもラクだし、それでもってそれぞれの道の駅がとても個性的なので、訪ねていて楽しかったです。

その中でも、道の駅但馬のまほろばは、本当に楽しかった道の駅です。北近畿豊岡自動車道の山東パーキングエリアを兼ねてますが、高速道路からも一般道からもアクセスできます。自分は、一般道からアクセスしたのですが、同じような併用駅の道の駅フレッシュあさごより、車を駐車場に停めて歩くもすぐでラクでした。

ここは、但馬エリアの観光と歴史文化の情報発信基地となっています。古墳時代の古代政庁をイメージした建物がとても雰囲気よく、個人的にかなり気に入ってしまいました。道の駅には、朝来市埋蔵文化財センターもあって、土器や勾玉づくりの体験コーナーもあるそうで、時間があればじっくり立ち寄りたかったな、と思いました。

また、ご当地グルメの豊富さも、この道の駅ならでは。地元食材をふんだんに活用したスローフードレストラン、そしてファーストフードの2つの食事施設があります。ちょっとリッチに食べたい、いやリーズナブルに手軽に食べたい、その両方から選べるようになっています。ファーストフードコーナーの人気は、まほろばソフト。また、朝来市といえば名産の「岩津ねぎ」を使ったメニューがラーメンやコロッケなどいろいろありました。

特に12月から3月にかけ、岩津ねぎのシーズンには、農産品直売所にもたくさん並んでいました。岩津ねぎ、都会では高級なねぎですが、地元ではかなりリーズナブルでしかも新鮮で入手でき、お土産で持って帰ると本当に美味しかったです。この岩津ねぎのためにまた訪れたい、というほどで、岩津ねぎを使ったスープやラー油などもありました。

さらに、休憩に広々とした芝生広場も。半日、いや1日いても楽しめる道の駅だと思いました。

公式サイト【近畿 道の駅】但馬のまほろば [兵庫県]

道の駅 但馬のまほろば

ライタープロフィール

クリスさん/女性/年齢:30代/旅とご当地グルメが好き。渡航は世界20ヶ国ほど。ニコンの一眼レフデジタルカメラが相棒です