近畿地方 道の駅体験記 HOME > 兵庫県の道の駅 > 道の駅 あいおい白龍城:名物「相生のかき」がおすすめ

道の駅 あいおい白龍城
名物「相生のかき」がおすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
道の駅「あいおい白龍城」名物の牡蠣

道の駅「あいおい白龍城」名物の牡蠣

道の駅「あいおい白龍城」

道の駅「あいおい白龍城」

白龍城と書いて、ペーロンじょうと読む。相生といえば、山陽新幹線に乗っていつものぞみなので通過駅ぐらいの記憶しかなかったのが、道の駅があると聞き、最初、ペーロンと呼ぶことができませんでした、恥ずかしながら。

その道の駅あいおい白龍城、道の駅だけじゃなく"海の駅"としても併用されてます。だから、相生湾という入り江のような海のそばに、道の駅があります。外から見ると、まるで海の上にお城が浮かんでいるような・・・実は、ヨットハーバーの隣にあります。しかも、建物は中華風でなかなかおしゃれ。

でもなぜ、相生で中国?・・・と思って調べてみたら、明治の頃、白龍(ペーロン)という船が長崎にあって、そのこぎ手が相生にやってきて伝わったそうです。今でも、毎年5月にペーロン競艇というイベントが行われているとか。道の駅にも、この競艇で使われる中華風の船が飾ってありました。無料で見ることができます!

さて、道の駅では、西播磨エリアの海の幸、山の幸が一堂にそろっています。駐車場は狭いのですが、道路をはさんだ反対側にある公園の駐車場、さらにその横にマックスバリューがあるので、少々歩けば問題なし。特に、特産品売り場には、有機農法の新鮮な野菜や果物、お米、清酒、西播磨産のみそ、かきのつくだに・・・など、本当にラインナップが豊富です。しかも、価格の安さはお墨付きで、土日に行ったら本当に混んでました。

さらに、名物といえば相生のかきでしょう。ちょうどかきが解禁になって初めての週末で、殻つきのかきを美味しくいただきました。また「かきバーガー」なるものもあって、B級グルメで売り出し中だそう。かきフライがはさまってあってこれもなかなか美味しかったです。ここでしか食べられないご当地グルメとか!

一方、道の駅として珍しい温泉もあります。その名もペーロン温泉。サウナや露天風呂もそなえた天然温泉で、海も山もながめられるそう。時間があればぜひ入って帰りたかったけど、残念・・・次回リベンジ決定です。

公式サイト【近畿 道の駅】あいおい白龍城 [兵庫県]

道の駅 あいおい白龍城

ライタープロフィール

クリスさん/女性/年齢:30代/旅とご当地グルメが好き。渡航は世界20ヶ国ほど。ニコンの一眼レフデジタルカメラが相棒です