近畿地方 道の駅体験記 HOME > 兵庫県の道の駅 > 道の駅 あわじ:明石海峡を眺めることができるロケーションと淡路島の玉ねぎがおすすめ

道の駅 あわじ
明石海峡を眺めることができるロケーションと淡路島の玉ねぎがおすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
道の駅「あわじ」

道の駅「あわじ」

道の駅「あわじ」名物たまねぎ

道の駅「あわじ」名物たまねぎ

道の駅あわじは、淡路島に現在3つある道の駅の中で最も古くからある施設。場所は、淡路島の最北端、明石海峡大橋のたもとにあって、道の駅から大きな橋がとてもよく見えます。施設は、レストランや直販所など。

レストラン「海峡楼」(ミラドール)では、海鮮丼や淡路島牛丼などご当地の素材を生かしたメニューが人気だそう。しかも、レストランからは明石海峡を眺めることができるロケーションは最高です。

また、農産品直販所「とれとれ市」でのオススメは、淡路島の玉ねぎ。淡路島の玉ねぎは、一般的な玉ねぎよりも甘みが強いといわれ、5月から12月の限定販売。もし、直販所で見かけたらぜひ買って食べてみるべし。そして、売店では、淡路島で夏の特産のびわゼリーをはじめ、焼き穴子、穴子の甘露煮、季節の鮮魚などが入手できます。淡路島の土産はここでそろう、といっても過言じゃないラインナップでした。3月にはいかなごの季節で、いかなごの釜揚げが登場したり、いかなごのくぎ煮なら年中あったりするそう。

一方、外で明石海峡大橋をながめながら海鮮バーベキューをしたり、さまざまな海鮮丼を食べたりできるコーナーもありました。ただ、自分の訪れた時期が12月半ばでしかも平日、予想通り閉店していて、残念。温かい季節になると家族連れでにぎわうのだろうと思います。ここもロケーション、本当に最高です。

なお、道の駅周辺は「松帆アンカレイジパーク」と呼ばれていて、入場は無料。明石海峡大橋の淡路島側アンカレイジ作業跡地に広がる公園をさすそうです。明石架橋のメインロープを引っ張る巨大建造物「アンカレイジ」が園内にそびえ立ち、世界No.1の架橋といわれる明石海峡大橋のスケールがいかに大きいかが体感できるようになっています。

さらに、道の駅から歩いて行ける場所に「岩屋温泉会館」や「美湯 松帆の郷」という日帰りで入れる温泉もいくつかあります。美湯~のほうには明石海峡を見渡しながら入浴できる露天風呂もあるそうです。

公式サイト【近畿 道の駅】あわじ [兵庫県]

道の駅 あわじ

ライタープロフィール

クリスさん/女性/年齢:30代/旅とご当地グルメが好き。渡航は世界20ヶ国ほど。ニコンの一眼レフデジタルカメラが相棒です