近畿地方 道の駅体験記 HOME > 兵庫県の道の駅 > 道の駅 但馬楽座:「宿泊施設」「温泉」のある道の駅

道の駅 但馬楽座
「宿泊施設」「温泉」のある道の駅

このエントリーをはてなブックマークに追加
道の駅「但馬楽座」

道の駅「但馬楽座」

道の駅「但馬楽座」物販コーナー

道の駅「但馬楽座」物販コーナー

数ある兵庫・但馬エリアの道の駅の中でも、この道の駅但馬楽座には「宿泊施設」「温泉」があるのが大きな特徴といえそう。実際にこの但馬楽座に泊まり、温泉に浸かって過ごしてきました。

まず、宿泊施設は「洋室」「和室」とあって、どちらか選べます。1人で泊まったのですが、どちらの部屋も朝食なしで5,000円ほど。せっかくなのでのんびりしたい、都心のビジネスホテルにちょっと飽きていた頃だったので、和室を選んでみました。おそらく4~5名用で広すぎるほどでしたが、ちゃんとトイレにウォシュレット機能もついてましたし、洗面台や冷蔵庫もポットもあった。禁煙室がなかったのでその辺もちょっと心配でしたが、タバコの匂いはまったく感じなかったです。

そして、温泉のほうはというと、一般でも利用できるようになっていて、宿泊客は翌朝まで何度でも利用できます。露天風呂などはなく大浴場のみでお風呂の種類は少ないですが、お湯がとてもよかった。お湯の温度もちょうどよく、肌がスベスベになりました。翌朝ももう一度入りに行ったほど気持ちよく、また機会あれば温泉だけでも立ち寄りたいなと思っています。

また、食事する施設が「和牛遊宴」という但馬牛のステーキが味わえる本格レストランがあります。但馬牛そのものがけっこうな価格がしてなかなか手を出しづらいのですが、ここでは3,000円程度と都心に比べればリーズナブルだし、注文すると目の前で焼いてくれます。もちろん、味の方もお墨付き。

さらに、宿泊施設・温泉の前には、売店と軽食レストランもあります。海鮮物や野菜なども並んでいて、おみやげ選びにも困らないほどのラインナップ。また、本格ステーキじゃちょっと高い、というなら軽食コーナーでも但馬牛がさらにリーズナブルに味わえる価格になっていましたので、オススメかと。国道9号沿いにあるので、行きも帰りもアクセスしやすいのもとてもよかったです。

公式サイト【近畿 道の駅】但馬楽座 [兵庫県]

道の駅 但馬楽座

ライタープロフィール

クリスさん/女性/年齢:30代/旅とご当地グルメが好き。渡航は世界20ヶ国ほど。ニコンの一眼レフデジタルカメラが相棒です