近畿地方 道の駅体験記 HOME > 兵庫県の道の駅 > 道の駅 いながわ:ホント美味しかった十割そば!そば打ちの体験も出来ます

道の駅 いながわ
ホント美味しかった十割そば!そば打ちの体験も出来ます

このエントリーをはてなブックマークに追加
道の駅「いながわ」名物そば

道の駅「いながわ」名物そば

道の駅「いながわ」

道の駅「いながわ」

30もある兵庫県での道の駅で、最も大阪に近いのがここ、道の駅いながわ。でも、都会からちょっと走っただけで自然がいっぱい、緑がいっぱいな場所で、初めて行ってみて驚きました。猪名川町ニュータウン開発地のずっと奥にあります。この町、猪名川の渓谷沿いに広がっていて、まるで街全体が渓谷自然公園。ニュータウンだから道路状況もけっこうよくて走りやすいです。

道の駅いながわで特にオススメは「そばの館」。ここでは十割そばを食べることができます。地元産のそばを実のまま低温保存し、毎日製粉してそばを打っているものが1年を通して提供されます。気候のいい土日は行列になることもあるそうで、私が訪れた日はたまたま雨だったので土曜日でもなんとか入ってすぐ食べることができましたが、続々と家族連れやカップル、1人で立ち寄る人たちが絶え間なく、でも、そばを食べて納得。これはホント美味しかったです。また食べたい!

そして、店内に「手打ち体験道場」があって、自分でそばを打って体験できる日もあるとか。機会あればぜひ体験してみたいものです。

一方、農産物販売センター「いながわフレッシュパーク」では、地元の野菜や果物がズラリと並んでいました。特に目についたのが、寒天。猪名川では明治中頃から作り続けられているそうで、現在は和菓子屋などで使われる凝縮度が高い「糸寒天」がよく作られているのだとか。その他、野菜の他にも生花もあって、休日は大変な人出になる人気ぶりだそう。秋には松茸も並ぶと聞き、国産の松茸は貴重ですから、ぜひこれも一度味わってみたい。

その他、道の駅周辺には、北部の大野山にあるキャンプ場で、天文台があり、大阪湾が一望できることもあるとか。また、屏風岩は、猪名川渓谷自然公園の清流に奇岩がまるで屏風のようにそそり立っている。多田銀銅山は、豊臣秀吉が天下支配していた頃に埋蔵金が秘匿したという歴史ロマンが感じられる場所。ホント見どころたくさんの道の駅です。

公式サイト【近畿 道の駅】いながわ [兵庫県]

道の駅 いながわ

ライタープロフィール

クリスさん/女性/年齢:30代/旅とご当地グルメが好き。渡航は世界20ヶ国ほど。ニコンの一眼レフデジタルカメラが相棒です