近畿地方 道の駅体験記 HOME > 兵庫県の道の駅 > 道の駅 フレッシュあさご:日本三大ネギの一つ朝来特産の「岩津ねぎ」

道の駅 フレッシュあさご
日本三大ネギの一つ朝来特産の「岩津ねぎ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
道の駅「フレッシュあさご」

道の駅「フレッシュあさご」

道の駅「フレッシュあさご」岩津ねぎ

道の駅「フレッシュあさご」岩津ねぎ

兵庫・朝来市には、道の駅あさごのほかにもう1つ、道の駅フレッシュあさごがあります。この道の駅、播但連絡道という有料道路のサービスエリアであるとともに、一般道路からも利用できるちょっと珍しいタイプの道の駅でした。だから、有料道路のほうに駐車場があり、一般道路のほうにも別に駐車場がある。

場所は、朝来市の最南部にあって、南が播州、北が但馬で、京阪神・姫路方面から来ると但馬の"玄関口"。

そして、朝来特産の「岩津ねぎ」がなんといっても特産品。日本三大ネギが下仁田、福岡、そして岩津。この岩津ねぎ、関東ねぎの1種で白い部分の長さが30cm以上、太さが3cm以上のもの限定だとか。味は甘みがあってやわらかく、都心部だと高級ねぎとして有名です。もともと、幕府直轄だった生野銀山の代官が京都の九条ねぎの苗を持ち帰ったのがはじまり。道の駅では、11月から3月ごろまで入り口にある直売コーナーで地元農家が持ち寄って発売されているそう。私が行った11月はまさに出荷スタート時期で、1束150円ほどの安さで本当にビックリでした。

また、駅は天井までガラス張りの吹き抜けで、すごく立派。特産品販売コーナーも広く、但馬エリアのお土産はぜんぶそろっている、と言っていいほどラインナップがすごかったです。道の駅オリジナルという「ねぎ焼きせんべい」をはじめ、レストランの「鹿肉丼」「鹿肉カレー」、冬季限定の岩津ねぎを味わう「ねぎ鍋うどん」、但馬牛の肉料理、「黒豆炭焼きコーヒー」、「黒豆ソフト」・・・と、ご当地グルメの充実ぶりは最高!

一方、情報コーナーには但馬エリアの全市町のパンフレットが置いてあり、道路情報も収集できます。特に朝来市には、日本一のロックフィルダム。美術館、彫刻の森、パラグライダー体験・・・自然、歴史、文化など観光スポットが意外と多いことを道の駅で知りました。それでもついつい長居してしまいそうな居心地いい道の駅、ぜひまた訪れたいところです。

公式サイト【近畿 道の駅】フレッシュあさご [兵庫県]

道の駅 フレッシュあさご

ライタープロフィール

クリスさん/女性/年齢:30代/旅とご当地グルメが好き。渡航は世界20ヶ国ほど。ニコンの一眼レフデジタルカメラが相棒です