近畿地方 道の駅体験記 HOME > 和歌山県の道の駅 > 道の駅 一枚岩:国指定天然記念物の「一枚岩」にある道の駅。アウトドアレジャーの拠点として便利

道の駅 一枚岩
国指定天然記念物の「一枚岩」にある道の駅。アウトドアレジャーの拠点として便利

このエントリーをはてなブックマークに追加
道の駅「一枚岩」

道の駅「一枚岩」

道の駅「一枚岩」名物アイス

道の駅「一枚岩」名物アイス

和歌山で有名な清流・古座川の中流にあって、国道371号沿いにあるのが、道の駅一枚岩です。その名の通り、道の駅のすぐ背後に古座川をはさんで国指定天然記念物の「一枚岩」が堂々とそびえています。高さ100m、幅500mもある一枚岩の巨岩は、初めて見て本当に圧倒されました。こんな場所が日本に、しかも和歌山にあったなんてかなり驚きました。間近で見るととにかくすごく迫力あります。

その一枚岩は、道の駅の館内からも眺めることができました。その館内は、地元産の木材をふんだんに使った落ち着いた雰囲気で、ちょっとした観光物産センターがありました。館内で味わうことができる古座川で有名な天然水を使ったという自家焙煎のコーヒーはなかなか美味しく、これは一度飲む価値ありです。また、地元の「うずみ膳」などの地産地消にこだわった郷土料理もレストランで味わうことができます。なにより、一枚岩のパノラマ風景を眺めながら味わう料理はまた格別かと。オススメです!

そして、道の駅のすぐ下を流れる古座川では、川遊びをはじめ、キャンプやカヌーを楽しむこともできます。アウトドアレジャーの拠点としての道の駅の利用も便利かと思いました。次回、夏にこの道の駅に来たらぜひ遊びたいものです。

さて、道の駅一枚岩は、阪和自動車道南紀田辺ICから国道42号を経由し、国道371号を北上すること約20分の場所にあります。ここまで来ると、深い山に囲まれた自然が存分に満喫できました。とにかくこの一枚岩は、必見です。

ちなみに、この道の駅で1つ、地元の農家が手作りしたという「番茶」の袋を買って帰り、ここ最近すっかり家で愛飲してしまっています。番茶は赤ちゃんからお年寄りまで誰でも飲める、安価で美味しいお茶でおなじみです。ただ単にビニール袋に入っているだけで立派なパッケージなどもなく1袋500円で売られていたのにこれがなぜかなかなか美味しい。日本人にはやっぱり番茶が合うな、とつくづく思わされている毎日です。

公式サイト【近畿 道の駅】一枚岩 [和歌山県]

道の駅 一枚岩

ライタープロフィール

クリスさん/女性/年齢:30代/旅とご当地グルメが好き。渡航は世界20ヶ国ほど。ニコンの一眼レフデジタルカメラが相棒です