近畿地方 道の駅体験記 HOME > 和歌山県の道の駅 > 道の駅 水の郷日高川 龍游:季節の特産品、手作りこんにゃく、木工製品がおすすめ

道の駅 水の郷日高川 龍游
季節の特産品、手作りこんにゃく、木工製品がおすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
道の駅「水の郷日高川 龍游」

道の駅「水の郷日高川 龍游」

道の駅「水の郷日高川 龍游」木材コーナー

木材コーナー

以前紹介した旧龍神村(現在の田辺市)にある道の駅龍神に加え、もう1つ柳雨仁村にある道の駅が、道の駅水の郷日高川龍游です。和歌山で最も有名な清流といわれる日高川沿いにあってすごく豊かな自然が満喫できます。また、日高川ではアユ釣りの全国大会が開かれることでも有名で、国道424号沿いにこの道の駅があります。

メインの龍游館では、地元農家が持ち寄ったきのこや梅などの季節の特産品をはじめ、生いも100%の手作りこんにゃくなどを販売しています。また、木工製品もいろいろとそろっていて、入り口付近に大小さまざまな製品が並んでいるのも見かけました。龍神村といえば、木工製品で和歌山では知られていますから、さすが地元だなと思いましたね。

また、レストランでは、なめこうどんやなめこそば、湯豆腐などを味わうことができます。特に、夏季限定の鮎の塩焼きはかなりの人気を誇ると聞きましたから、ぜひ今度は夏に訪れて食べてみたいメニュー。ほかにも、麦とろろ定食、鹿肉のしょうが焼き定職など季節限定のメニューも豊富にそろっているそうです。この龍神村はなかなか美味しいレストランが少ない気がいつも訪れて思うので、もし食事をするならこの龍游館がオススメです。ご当地グルメがこの道の駅ではいろいろ味わえます!

また、木工製品の加工が見学できる「Gワークス」も併設されているので、龍神の伝統産業に触れてみるのもよいかも。駐車場もけっこう広めで安心です。

さて実はこのあと、ここから道の駅備長炭記念公園に向かうため、田辺市に抜ける県道を走り始めると、なんと途中で全面通行止めにぶち当たり、結局、この日は行けなくなってしまいました。これも、2011年9月の台風12号による被害の影響だとか。熊野川での被害の大きさがよく報道されていたものの、まさか田辺市のこのあたりでも影響を受けるとは思いもよりませんでした。道路情報のチェックも道の駅でしっかりしておかなくてはいけないなと、つくづく。

公式サイト【近畿 道の駅】水の郷日高川 龍游 [和歌山県]

道の駅 水の郷日高川 龍游

ライタープロフィール

クリスさん/女性/年齢:30代/旅とご当地グルメが好き。渡航は世界20ヶ国ほど。ニコンの一眼レフデジタルカメラが相棒です