近畿地方 道の駅体験記 HOME > 和歌山県の道の駅 > 道の駅 みなべうめ振興館:みなべといえば梅!物産販売コーナーでは地元の梅干しがズラリ

道の駅 みなべうめ振興館
みなべといえば梅!物産販売コーナーでは地元の梅干しがズラリ

このエントリーをはてなブックマークに追加
道の駅「みなべうめ振興館」梅肉ソース

道の駅「みなべうめ振興館」梅肉ソース

道の駅「みなべうめ振興館」

道の駅「みなべうめ振興館」

みなべといえば「梅」です。南高梅は、全国的にも有名で、最高級の梅干しとして知られ、大梅の生産量は全国ナンバーワン。道の駅は国道424号沿いにあり、4階建ての建物などですぐわかりました。聞くところ、梅干しを漬け込む樽をイメージしてデザインしたとか・・・阪和自動車道みなべICから5分ほど走るとあってアクセスも便利だったところです。

駅全体がまるで梅の魅力を紹介するミュージアムになっていて、2階に梅資料館もあり、無料で見学できました。梅のならなんでもわかる、南部の梅づくりの歴史、梅の種類、梅干しの作り方、梅に関する雑学・・・パネルやビジョンなどで説明されていて、とてもわかりやすかった。担当者によるガイドも希望があればやっているそう。

そして、梅を実際に味わえるのが物産販売コーナー。地元の梅干し業者の製品がズラリと並んでいて、中には試食もできるものも。塩分もしっかり表示されているのであれこれ比べながら買うことができてとてもいいと思いました。ちなみに、自分も家の分としてさんざん試食した後にお買い上げです。ここの梅干し、スーパーで売っているものとはわけが違いました。中には、梅がちょっとだけ潰れたわけあり商品、逆に高級の進物用の梅干しなども置いてあり、用途によって選べます。「梅肉エキス」もかなりの人気を誇るそうです。

さらに、展望台からは、南部梅林が一望できます。特に2月、梅の花が咲くシーズンはとても美しい景観が望めると聞きました。もちろんこの南部梅林を求め、大阪方面からもかなりの人出になるので覚悟は必要ですが、一度見てみたいものです。

とにかく、梅干し好きには本当にたまらない道の駅かと。おみやげにあらゆる梅干し製品がそろい、迷うことは間違いありません。ちなみに、今まで買って食べた中でもやはりここで手に入れた梅干しが一番です。

公式サイト【近畿 道の駅】みなべうめ振興館 [和歌山県]

道の駅 みなべうめ振興館

ライタープロフィール

クリスさん/女性/年齢:30代/旅とご当地グルメが好き。渡航は世界20ヶ国ほど。ニコンの一眼レフデジタルカメラが相棒です