近畿地方 道の駅体験記 HOME > 和歌山県の道の駅 > 道の駅 おくとろ:花粉症に効果をあると注目を集めている「じゃばら」

道の駅 おくとろ
花粉症に効果をあると注目を集めている

このエントリーをはてなブックマークに追加
道の駅「おくとろ」じゃばら商品

道の駅「おくとろ」じゃばら商品

道の駅「おくとろ」

道の駅「おくとろ」

以前の記事で、すべての道の駅をめぐって一番たどり着くのに大変だった道の駅は、福井の道の駅九頭竜だった、と書いたかと思います。でもある意味、この道の駅おくとろも、たどり着くまでかなり大変でした。

というのも、ここも2011年9月台風12号の被害で、道の駅に向かうルートが寸断されてかなりの迂回を余儀なくされました。カーナビゲーションはここでもまったくあてになりません。しかも、道の駅おくとろのある和歌山県北山村は"飛び地"として有名で、いったん三重県に入ってもう一度和歌山に入る、という特殊な場所。地元の人いわく「台風で被害にあわなくても、北山村まで行くのは大変。その台風でさらに大変になってしまってるんです」というほど、途中の道はがけで崩れてギリギリのところを走る羽目になったり、夜になると前が見えなくてかなり怖い思いをしたりと、まだ福井のほうは道の状態は悪くありませんでしたから、神経をすり減らしたのはむしろこの道の駅おくとろだった気がします。もう一度行こうと思っても大変だろうと思いますね。

さて、この道の駅おくとろの名物といえば、とにかくなんでも「じゃばら」です。近年、花粉症に絶大な効果をあげていることで注目を集めているかんきつ類のじゃばら、なぜか日本全国でこの北山村でしか育たないそうです。不思議なことですね。道の駅にはじゃばらのあめや酒、ジュース、ドレッシングなど、とにかくじゃばらに関する加工品がたくさん。もちろん、果実そのものも収穫時期には売られていました。ためしにジュースを飲んでみましたが、なかなかスッキリした味で美味しかったです。ただし自分はまだ花粉症じゃないので、その効果のほどはよくわかりませんが・・・

また、道の駅には秘湯とよばれるおくとろ温泉があり、木の香り漂う大浴場、露天風呂、サウナなどが完備。また、バンガローやコテージ、キャンプ場などの宿泊施設もあったので、次回はぜひ泊まりで行きたいものです。

公式サイト【近畿 道の駅】おくとろ [和歌山県]

道の駅 おくとろ

ライタープロフィール

クリスさん/女性/年齢:30代/旅とご当地グルメが好き。渡航は世界20ヶ国ほど。ニコンの一眼レフデジタルカメラが相棒です