近畿地方 道の駅体験記 HOME > 滋賀県の道の駅 > 道の駅 びわ湖大橋米プラザ:おすすめは人気の近江米

道の駅 びわ湖大橋米プラザ
おすすめは人気の近江米

このエントリーをはてなブックマークに追加
「道の駅 びわ湖大橋米プラザ」新米が並ぶ販売所

「道の駅 びわ湖大橋米プラザ」新米が並ぶ販売所

「道の駅 びわ湖大橋米プラザ」駅の展望台

「道の駅 あいの土山」外観

琵琶湖の東岸と西岸を結ぶ「びわ湖大橋有料道路」の西岸すぐにある道の駅です。その駅名の通り、近江米のラインナップが充実していて、毎年秋ごろには新米を求めて県内外からたくさんの人々がやってきて次々と米を買い求め、にぎわいます。

ちなみに、自分が行ったのも11月で新米のシーズン。この年、東日本大震災に伴う福島第1原発の事故で放射能の問題が起き、東日本よりも西日本の米に人気が集まっただけにさらに例年より人が多いように感じました。

近江米は、売店で量り売りしてくれるほか、その場で精米してくれるので家にそのまま持って買えることもできます。また、レストランでは、近江米を使ったメニューもあり、おすすめは地元の野菜と近江牛を使った「近江牛弁当」(1,980円)。その他、売店では近江の地酒、信楽焼、唐橋焼、大津絵などの伝統工芸品も並んでいます。

道の駅がオープンしたのは、2006年10月と比較的新しく、滋賀の農業や県産農産物のアピール、道路利用者の休憩、交流の場、さらに淡海文化の発信基地としての機能をそなえています。駅舎の2階には、びわ湖大橋を望む展望台もあり、望遠鏡もありました。家族連れでのピクニックもおすすめ。

情報発信施設「米プラザレークサイドファーム」では、環境にこだわった農産物など県産農産物を展示、販売しています。また、近江の歴史回廊や琵琶湖の水質データ、生物を紹介する展示コーナーも併設されています。すべて無料で見学できます。

とにかく琵琶湖を眺めるのに美しく、利用するのにも便利で、さらに買い物や食事にも困らない道の駅。周辺にも観光スポットがあり、近江八景「堅田の落雁」をしのぶ景観"浮御堂"まで車で10分、伝教大師が開湯したと伝わる歴史がある温泉"雄琴温泉"まで車で15分の距離。さらに、琵琶湖の西岸ドライブに行く際の拠点としての利用にも最適です。

公式サイト【近畿 道の駅】びわ湖大橋米プラザ [滋賀県]

道の駅 びわ湖大橋米プラザ

ライタープロフィール

クリスさん/女性/年齢:30代/旅とご当地グルメが好き。渡航は世界20ヶ国ほど。ニコンの一眼レフデジタルカメラが相棒です