近畿地方 道の駅体験記 HOME > 京都府の道の駅 > 道の駅 スプリングスひよし:「ご当地カレー」と「ひよし温泉」が人気

道の駅 スプリングスひよし
「ご当地カレー」と「ひよし温泉」が人気<

このエントリーをはてなブックマークに追加
道の駅「スプリングスひよし」

道の駅「スプリングスひよし」

道の駅「スプリングスひよし」ゆるキャラ

道の駅「スプリングスひよし」ゆるキャラ

関東ではなじみがないかと思いますが、京都の日吉ダムといえば、関西では人気のドライブスポット。この日吉ダム、2003年に"地域に開かれたダム第1号"として指定され、淀川・桂川流域の治水と京阪神への利水を兼ね備えた多目的ダムとして2008年3月に完成。 その大きさは、甲子園球場の約70倍、水量は東京ドーム約53杯分を誇る人工湖です。コイ、フナ、ワカサギ、ウナギ、ニジマスなどの淡水魚が放流されていて、釣りスポットとしても人気。

その日吉ダムのすぐそばにあるのが、道の駅スプリングスひよしです。でもこの道の駅、実は2011年に道の駅に認定される前から存在していた施設。最近の道の駅ブームで、既存の施設に「道の駅」と認定を受けるほうが人は集まる、流行る・・・といった流れが今後も続々と出てくるのでは、と思います。

でもこのスプリングスひよしの施設はまだ新しく、近代的なつくりで利用しやすいと感じました。ゆるキャラの「ゆっぴー」もいてグッズも売っていました。また「レストラン桂川」では、地元食材を使った定食や薬膳料理をはじめ、ダムをモチーフにした「日吉ダムカレー」なんてメニューも。このダムカレー、野生鹿肉、古代米、地元米、京野菜壬生菜をつかったご当地カレーで、すごく人気があるんだそう。食べたかった!

また、スプリングスひよしのもう1つの人気が「ひよし温泉」。道の駅で最近、温泉がある駅も増えていますが、ここはもともとあった施設だけあって、気泡浴、ジェット浴、寝ころび湯、露天風呂、水風呂、サウナと内容も充実しています。さらに、温水プールまであって、隣接する広い芝生公園ではピクニックが楽しめ、グラウンドゴルフや水遊びなどもできる、もちろん特産品などの土産物を販売するコーナーも充実していました。黒豆をブランデーで仕上げたお菓子「黒豆ぐらっせ」「黒豆じゅれ」、オリジナルアイス「丹波黒豆」「ひよし温泉アイス」なども。

日吉ダムを見学して、ご当地カレーを食べ、温泉に浸かって・・・丸1日滞在していても十分楽しめる施設でした。

公式サイト【近畿 道の駅】スプリングスひよし [京都府]

道の駅 スプリングスひよし

ライタープロフィール

クリスさん/女性/年齢:30代/旅とご当地グルメが好き。渡航は世界20ヶ国ほど。ニコンの一眼レフデジタルカメラが相棒です