近畿地方 道の駅体験記 HOME > 京都府の道の駅 > 道の駅 ガレリアかめおか:物産市場、レストラン、大浴場がある道の駅

道の駅 ガレリアかめおか
物産市場、レストラン、大浴場がある道の駅

このエントリーをはてなブックマークに追加
ガレリアかめおか

ガレリアかめおか

「ガレリアかめおか」亀岡牛コロッケ

「ガレリアかめおか」亀岡牛コロッケ

京都縦貫自動車道の亀岡ICを降りてしばらくすると、ガラス張りの大きな建物が目につきます。これが道の駅『ガレリアかめおか』。通常の道の駅は、こじんまりとした建物のイメージがありますが、ここはまったく違うなんだか超・近代的な建物で本当に驚きました。駐車場も広いですが、けっこう混雑していて、平日でも警備員がいるほど。

ガレリアかめおかは「生涯学習施設」を併設している、というより、施設に道の駅が併設しているといっていいのではないかというほど、施設の隅の方に道の駅がなんだかある、といった印象。コンベンションホールや研修室、工作室や創作室、陶芸室など市民が利用する公民館の大きいバージョン、という感じでした。図書館もあって託児ルームまである。思わず「亀岡市って、市民サービス充実してるなぁ」とまで思ってしまいました。

話は戻って、道の駅。大きく分けて「物産市場アトリオ」「レストランガレリア」「大浴場」の3つがあります。物産市場には、亀岡の名産品がズラリと並んでいます。

たとえば、亀岡牛や黒豆、丹波栗など。精肉コーナーの「亀岡牛コロッケ」、なかなか美味でした。ここでしか食べられない道の駅オリジナルです。そして、レストランでは地元の食材を生かした日替わり定食やバイキングなど。今回は食べる時間がなくて残念ですが、次回はぜひ食べてみたいところ。亀岡牛のすきやきや丹波の黒豆うどん・そばなどもありました。

さらに、大浴場もあって打たせ湯、寝湯、ジャグジーなどもある。道の駅に温浴施設がある駅はいくつかあるけど、駐車場は24時間利用できる(台数限定)わけで、キャンピングカーもよく停まっていた理由はこれか、と。ただ残念ながら、お湯は温泉ではないそうですので、くれぐれもご注意を。休憩スペースはあるようです。おとな500円で利用できますから、旅の疲れを癒すのにはもってこいの施設といえそうです。

公式サイト【近畿 道の駅】ガレリアかめおか [京都府]

道の駅 ガレリアかめおか

ライタープロフィール

クリスさん/女性/年齢:30代/旅とご当地グルメが好き。渡航は世界20ヶ国ほど。ニコンの一眼レフデジタルカメラが相棒です