近畿地方 道の駅体験記 HOME > 京都府の道の駅 > 道の駅 舟屋の里伊根:天然の良港として知られる伊根湾が一望できる道の駅

道の駅 舟屋の里伊根
天然の良港として知られる伊根湾が一望できる道の駅

このエントリーをはてなブックマークに追加
舟屋の里伊根

舟屋の里伊根

「舟屋の里伊根」一夜干しなど

一夜干しなど

福井、滋賀に続いて、ついに京都の道の駅、突入。ぜんぶで15駅あります。でも、京都というと、京都市内の文化財、古都の寺社仏閣のイメージが強いですが、京都にある道の駅は軒並み「田舎」にある。つまり、古都だけじゃない京都を新たに発見し続けた道のりになりました。

まずは、伊根町にある道の駅『舟屋の里伊根』です。最初「伊根町って、どこ?」と場所すら想像できないほど初めて聞く地名だったわけだけど、調べていくとあの有名な「天橋立」から車で30分ほどの場所にあることが判明。といっても、大阪人ながら今まで天橋立、行ったことなかったので、このエリアはぜんぜん未知のゾーンでした。

そして「舟屋」です。これも初めて。全国でも珍しい舟屋が海沿いに並ぶと聞いて写真を見ると「わおっ!」という感じですごく雰囲気がよさそう。海上に家の入口があるのが、イタリアのヴェネツィアを思い出しました。

さて、道の駅は、昔から天然の良港として知られる伊根湾が一望できる丘陵地にあります。国道178号から近いです。駅から若狭湾が一望でき、さらにその全国でも珍しい舟屋が約230軒並ぶ街を見ることができます。朝イチ、晴れた日に天橋立から車で向かったのですが、そのロケーションにまず感動!

また、駅にはレストハウスをはじめ、イベント広場や花公園、遊歩道などがありました。遊歩道はさらに駅から上にのぼることができ、ちょっとした絶景を堪能。京都のイメージがガラっとくつがえりましたね。花公園では春にツツジが3000本、咲き誇るそうです。この季節にもぜひまた行ってみたい。

そして、お土産は一夜干し、みりん干し。伊根浦漁業で自営の定置網で水揚げされたという新鮮な魚ばかりを使ったご当地名物の加工品で、おみやげにもおすすめ。いくつか試食しましたが、そのままでもすごく美味しかったです。さばのへしこも人気なのだそうです。

公式サイト【近畿 道の駅】舟屋の里伊根 [京都府]

道の駅 舟屋の里伊根

ライタープロフィール

クリスさん/女性/年齢:30代/旅とご当地グルメが好き。渡航は世界20ヶ国ほど。ニコンの一眼レフデジタルカメラが相棒です