近畿地方 道の駅体験記 HOME > 奈良県の道の駅 > 道の駅 吉野路上北山:作りたてで美味い「ゐざさずし」がおすすめ

道の駅 吉野路上北山
作りたてで美味い「ゐざさずし」がおすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
道の駅「吉野路上北山」ゐざさ寿司

道の駅「吉野路上北山」ゐざさ寿司

道の駅「吉野路上北山」

道の駅「吉野路上北山」

奈良県上北山村にある道の駅上北山、ここにたどり着くのは本当に遠かった、という印象がすごく残っています。名阪国道の針ICから行ったのですが、国道24、169号で延々と南下していくこと2時間以上・・・やっと着いた、という感じでした。そして、平日だったせいもあって、客は自分以外ゼロ、とやや寂しかったです。以前、休日にバイクで訪れた時は行楽シーズンというのもあってとてもたくさん人がいましたが。

道の駅は、吉野川のほとりに建っていて、その吉野川に沿って走る国道169号からはその景観がドライブがてら楽しめます。大台ケ原の登山での基地としてピッタリの場所にあります。売店には、ご当地名物という手作りのこんにゃく、とち餅などが並んでいて、お土産に人気なのだそう。

その中でオススメと聞いて買ったのが、ゐざさずし。そばを流れる吉野川の支流、北山川を眺めながら、レストランで定食として味わうことができるほか、お土産で注文するとその時点で別の場所ですぐ作ってくれ、5分ほど待つと道の駅で受け取ることができます。レストランで食べようとしたら、全面喫煙OKで、タバコの煙が嫌な人間としてはやや残念で、結局、売店の中にあったベンチに座りながら、ゐざさずしを食べました。味は本当に作りたてで美味しかった。このすしのために下北山まで来てよかった、と思わず。でもあとで調べると、奈良市内にも支店があるようです。なかなか下北山までは行けないから、どうしても食べたい奈良でゲットするのも視野に入れてます。

その他、駅の対岸には、上北山温泉「薬師湯」があり、リゾートホテル「ふれあいの郷かみきた」も隣接していました。ここまで来て日帰りというのはちょっと厳しいですから、のんびり温泉につかって泊まるほうがいいし、リフレッシュできると思いました。

道中、たどり着くのになかなか大変でしたが、遠かった分、着いた時の感動はひとしおでした。今度は温泉にも入りたいですね。

公式サイト【近畿 道の駅】吉野路上北山 [奈良県]

道の駅 吉野路上北山

ライタープロフィール

クリスさん/女性/年齢:30代/旅とご当地グルメが好き。渡航は世界20ヶ国ほど。ニコンの一眼レフデジタルカメラが相棒です