近畿地方 道の駅体験記 HOME > 福井県の道の駅 > 道の駅 名田庄:ホテルやキャンプ場などの宿泊施設をそなえた道の駅

道の駅 名田庄
ホテルやキャンプ場などの宿泊施設をそなえた道の駅

このエントリーをはてなブックマークに追加
「道の駅 名田庄」 名物・じねんじょそば

「道の駅 名田庄」 名物・じねんじょそば

「道の駅 名田庄」 広々とした敷地

「道の駅 名田庄」 広々とした敷地

道の駅の中には、駐車場で車中泊せずとも、ホテルやキャンプ場などの宿泊施設をそなえた駅がいくつかあります。その1つが、福井県の『道の駅 名田庄』です。

道の駅は、頭巾山青年旅行村という施設の中にあります。まわりは山々に囲まれていて、自然をたっぷりと満喫できました。例えば、都会の喧騒から離れて心を落ち着かせたい、リフレッシュしたいという人にはおすすめのスポット。舞鶴若狭自動車道・大飯高浜ICから約25分と、最近は京阪神からの車でのアクセスもグンと近くなり、とても便利になりました。

もし、道の駅に宿泊するなら、町営の「ホテル流星館」、もしくはキャンプ場やバンガローで。ホテル名にもある通り、天気が晴れれば流星をはじめ、都会ではなかなか味わえないほどの星空を眺めることができるんだとか。また、バーべキュー場、テニスやサッカーなどのスポーツ施設、暦会館などもあるので、滞在型の道の駅としてファミリー層には人気が高いそうな。アウトドアをとことん楽しみたいなら、ぜひおすすめ。

さて、道の駅はというと、物産館やそば処などを備え、滞在だけでなく、ドライブの途中で立ち寄るのにもおすすめ。特に、そば処「よってっ亭」のそばは、麺に生の"じねんじょ"をすりこんでいるのが特徴で、粘りとコシが通常のそばとは格段と違って一度は味わう価値、大いにあり。メニューは「ざるそば」(550円)など、各種そばがズラリとそろいます。売店でお土産用のそばも販売しています。このそばを食べるがために道の駅にわざわざ来る人も多いそうですよ。

その他、売店では、ご当地名物の「名田庄漬」をはじめ、そばやスイーツなどがズラリとそろい、お土産選びにまったく困りません。さらに、周辺の観光情報コーナーも設けられていて、広々とした休憩スペースでのんびり過ごすこともできます。

駅舎は、木造平屋建の校倉造。駅周辺の大自然とマッチして雰囲気たっぷりでした。ぜひまた近いうちに訪れたいところです。

公式サイト【近畿 道の駅】名田庄 [福井県]

道の駅 名田庄

ライタープロフィール

クリスさん/女性/年齢:30代/旅とご当地グルメが好き。渡航は世界20ヶ国ほど。ニコンの一眼レフデジタルカメラが相棒です